冷房や暖房

長野は夏も涼しいんでしょってよく聞かれますが・・・
それは避暑地と呼ばれる軽井沢とかのイメージのせいだと思います。長野市や須坂市がある善光寺平をはじめ、松本・伊那・佐久地方などすべて盆地のため、意外と夏は暑いのです。標高が高く内陸にあるので湿度が低く、夜は気温が下がりますが夏の最高気温は東京とあまり変わらない事もあります。
逆に冬は雪が降るのはもちろんですが、意外と晴天率が高いので晴れた朝は放射冷却によって-5℃以下なんてことも多いです。より標高が高いところでは場合によっては北海道よりも気温が低いこともあります。

同じ長野県でも北部と南部ではかんきょうが大きく違います。北部は雪が多く県境のあたりは日本でも屈指の豪雪地帯。南部はほとんど雪が降らない代わりにとても厳しい冷え込みます。南部ではこうした気候を利用して寒天づくりが盛んです。

このように長野県は全般に最低気温と最高気温の1日の差が大きい土地柄で、1日の中の気温差が10℃とか15℃あるわけです。

おかげで日中、日差しがはいる窓辺は思った以上にあたたかく、暖房がいらない時もあるわけです。すると暖房をこまめに調節したくなり、炬燵を使ったり暖房をつけたり消したりと調節したくなります。

北海道は一般の家でも全館暖房が当たり前だそうですが、今まで長野で全館暖房の家が普及してこなかったのはこのような理由があるからでしょうか?

いずれにしても、その土地の気候風土や生活様式、慣例も踏まえて冷房や暖房も考えたほうがいいのかもしれません。